看板で広告頑張ん(看板)べ~

最終更新日:2014/10/1


看板の目的

看板とは、会社・店舗・団体をもっとも広く示すもの、そして広告の基本となりえます。
一般的な考えだと、看板と聞いて連想するのは、
広告としての看板ではないでしょうか。

広告の種類は、テレビCM、新聞広告、折り込みチラシ、
街で配られるビラ等、様々な形があります。
この広告の中でも看板は、より店舗に近い部分で展開されるのがが特徴的です。
看板はあなたのお店とお客様とのはじめのコミュニケーションツールです。

お店や店舗などがそこにあっても、
看板がなくては一見さんは気付いてはくれません。
リピーターだけだと意味もありません。
看板は企業の屋号そのものだったり、
商品の写真や名称だったり、地図だったりもします。
看板を見た人は、看板に示されている情報を頼りに行動します。わかりますか?
例えばそれが商品とかであれば、店頭でそれを探しますし、
地図であれば、指示通りに歩くでしょう。

別の言い方をすると、「看板」は「信用」という言葉に置き換えられます。
「店の看板」=「店の信用」とも取れるのですよ。

看板があってもお客様に入店してもらわなければ、意味はありません。
看板にはお店を知ってもらうだけではなく、
お客様が安心して入店できるような工夫も必要なのです。

例えば、貴方ならどうですか?
同じサービスを提供しているお店が2軒並んでいたとした場合、
看板が綺麗なほうが、安心して入れるのではないでしょうか?

もう一度言います。
看板は、お店や店舗にとってお客様とお店を結ぶ大切なコミュニケーションツールなのです。そこをしっかりと抑えといてください!

recommend

  
Copyright(c)2008 看板で広告頑張ん(看板)べ~ All rights reserved.