看板で広告頑張ん(看板)べ~

2014/10/1 更新


看板の材質

さて、今回は看板の材質を見てみましょう。

☆金属製看板

主な使われ方は、商品名の宣伝や取り扱い商品である事の告知目的で店先などに掲げられ、ビール・石鹸・塩・たばこ等の看板が多い。
一昔前までは、最も一般的な看板であったが、屋外設置の為に塗料が落ちると「サビ」などで美観を損ねる可能性があるとされて減ってきている。
最近では、オーステナイト系(SUS304)ステンレスや、アルミニウムなどの錆び難い素材を使用することもある。

☆ホーロー看板

ホーローとは、金属板の表面にガラス質の釉薬を高温で焼き付けたもの。
金属製看板と同様に使用されるが、こちらの方が耐久性に優れています。
金属製看板に取って代わって、屋外の表示や広告として一般的な存在であったが、商品サイクルが短くなったために下火になっています。

☆合成樹脂板

行灯看板という、中に電灯を組み込み、夜間や暗い場所でもよく見えるようにしたものコンビニ店での使用が多い。
主に、透明性、耐候性、強度に優れる点からアクリル樹脂が用いられています。

☆合成樹脂シート

金属などの枠に、合成樹脂のシートを貼ったり、結びつけて使用される。
意匠を容易に変えることができ、新商品が出る度に大型の設置版にラッピングで貼り付ける方式のものも多い。

☆電光掲示板

最近はLED等を使用した電光掲示板の看板が増えてきています。
パチンコ店等の遊戯施設や大型商業施設等での設置が多く見られてきています。
いろいろな広告を順番に切り替えて表示できるため、一つの看板で複数の広告を表示できるというメリットがあります。

上記が現在主に使われている看板の材質になります。

さきほどもいったとおり、何をお客様に訴えたいかとともに、
場所にあった看板の材質をしっかりと選定してください。

  
Copyright(c)2008 看板で広告頑張ん(看板)べ~ All rights reserved.